読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五里霧中

モテラジ村民になるべく日々奮闘するブログ。

VR元年!自作VRゴーグルでマトリックスOI!

今年は誰が言ったかVR元年。

 

そもそもVRって何?VRゴーグルって?と思っている時代遅れ村民に説明しよう。

 

 

 

 

f:id:golimuchu:20160509000823j:plain

VR(virtual reality)

仮想現実と翻訳されるが近年見るVRにはFacebookが買収したOculus社のRiftや

ゲームプラットフォームのSteam勢であるHTC社のViveなど

ごっついメガネをかけ視野がモニターに覆われた状態で、

各種センサーによって振り向いてもそこに世界が広がっているかのように体験できるもののことを指すことが多い。

 

 

そう。

それは現実であれ作られた世界であれ一度かぶればその世界に入り込んでしまうことのできる夢の技術なのだ!

 

 

VRゴーグルとは

先述のRiftやViveに代表されるメガネ(ゴーグル)型の俗称のことである。

先日Sony社のPlay Station VRが発表されたことで一気にVRの波がメジャーシーンに躍り出ることになった。

 

 

 

今VRを体験するには

大きく分けて2つの方法がある。

一つは強力なマイコンで描画させたコンテンツを専用メガネを使い体験する方法。

これには10万円以上するマイコンと同じく10万円ほどするOculus RiftやHTC Viveを購入する必要がある。

 

もう一つは手持ちのスマホを近距離で見つめるという方法がある。

スマホは最近の物であれば傾き、加速度などのセンサーが入っているので

専用のゴーグルにセットするだけで体験することが出でき、

一つ目の方法に比べて格段にお手ごろだ。

 

 

 

マトリックスOIとは

これは完全に造語でMatrix Ochin-chin Igiriの略である。

Pornhubで360度のVR専用カテゴリが出来たと聞きつけ居ても立ってもいられなくなったのだ。

まさにその世界に入り込んで体験できるなんて夢のような話だ。

 

 

 

だがOchin-chin Igiriに20万円も出せない。

 

とりあえずお試しというには20万円は高すぎる。 

ここでよくよく調べてみるとgoogle社がCardboardという段ボール製の

簡易VRゴーグルを販売しているという情報をゲットし浮かれた。

 

次の瞬間現在の住所には色々あってGoogle社がサービスを展開出来ない故

購入できないことが判明し消沈することになった。

 

 

いじけながらネットの広大な仮想空間をサーフィンしていると

次々にVRゴーグルを自作しているつわもの達に出くわしたのだった。

 

 

 次回!自作VRゴーグル準備編!こうご期待!