五里霧中

モテラジ村民になるべく日々奮闘するブログ。

やっぱりVRは金持ちの道楽だった⁉ VR Ready PCを組む!

未来人ごりむぅは考えた。

 

「円高に進んでいるこの期を逃すべからず!」

 

 

 

夏のボーナスも入り、円高で外貨決済できるこのチャンスにまとまった買い物をしなければ!

 

 

 

 

気が付くと電気街に足は進んでいた。

 

 

ここ最近VRについて独自の研究をすすめていたが、

気が付くとどっぷりVR関連のニュースをあさるようになっていた。

 

 

そして満を持して登場したNvidia Geforce GTX 1070

 

VR Ready基準を一回りも二回りもうわまった性能で価格もおそるるにたらずという触れ込みだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー地下深くのパソコンショップ。ーーー

 

 

店長らしき人物に強気の構成を伝える!

i5 16GB メモリ GTX 1070 ...

 

この店ではBTOならぬ、その場でオーダーしたパーツを組み立て相性問題まで確認して

くれる。

 

 

f:id:golimuchu:20160716225336j:plain

早速ディスプレイつながらない問題に遭遇する謎の香港人

 

 

がっちり裏配線までしておいてディスプレイが映らない問題に遭遇したが、

自宅ならお手上げかもしれないこの状況でもふんだんにある別のモニタを持ってきてすぐに問題解決。

原因はDVI-D-SUB変換コネクタだった模様。

 

 

f:id:golimuchu:20160716225524j:plain

 

Gainwardという謎のブランドのグラフィックボードを2980元(当時45,000円)でゲットし無事起動確認!

 

いっぱいなぞのソフトをインストールされるも自宅にてOSのクリーンインストールとwindows10のアップグレードを実行。

 

無事日本語環境にて快適に動く最新VR用パソコンを手にいれることができた。

 

 

ちなみに購入したOSはシンガポール版のwindows7用の正規英語版OS。

これのプロダクトキーを使い、日本語版windows10をインストールし、

なんの障害もなくアクティベーションできた。

おそらく無償アップグレード期間だからこそできた業ではと思う。

 

 

 

 

 

ちなみに構成は以下の通り。

f:id:golimuchu:20160716230058j:plain

f:id:golimuchu:20160716230059j:plain

f:id:golimuchu:20160716230100j:plain

 

 

ASUS Z170-P マザボ

core i5 6500 CPU

・corsiar  8BG 2400メモリ×2

・GainWard Nvidia GeForce 1070

・謎の中華SSD 120GB

seagate HDD 1TB

・SAMA 80PlusGOLD 500W 電源

windows7 英語版OS

 

合計7290元(当時109,000円)

 

 

これでSteamVR Performance testを走らせると右端に振り切れるパフォーマンスを実現!

 

スクリーンショットを取り忘れたけど満足の逸品を手に入れた。

 

 

 

前回の「金持ちの道楽か!?」での検証とほぼ同金額(それ以下)で手に入れることが出来たが、

依然として10万以上の価格で準備するに至った。

 

 

 

 

しかしこのマイコンスマホではなくあくまでマイコンなのだ!

PS4のゲームもできればXBOXのゲームもできる。

 

 

 

いまや10万以上するスマホを2年で買い替えるという狂った現実。

このマイコンはまだ数千円、数万円アップでパーツを買い足せば5年は余裕で戦える構成だ。

3万円のASUSのローエンドスマホを使っているごりむぅにとっては一般のなんとか6sを使っている人間に比べて7万円~10万円が2年間に浮いているということを前提に考えたい。

 

 

 

仮に10万円の何とかphoneを2年に一回最新のものに変える人間。

4年で20万円の出費。

 

3万円の以下のスマホを2年に一回最新のものに変える人間。

4年で6万円の出費。

 

 

 

 

VRに興味を持つ者を金持ちの道楽と考えるのか。

 

CMとかに流されずに今時代の生き証人になりたいと考えるのかは個人の自由である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせみんなスマホでパズドラとかLINEしかしてないんでしょ。。。

HTC Vive購入を考える。自作PCで初期費用を抑えたい!

ここ数回、自作VRゴーグルの制作を通してVRの世界に片足をを突っ込んだことを皮切りに、

今やいかにして自宅リアルガチVR環境構築について考えるようになってしまった。

 

 

前回でも述べたように今導入するならHTC社のVive一択となっている。

 

ここでHTC社のVive導入に際して一番ネックになる推奨スペックを満たしたPCの準備を考えたい。

 

Oculus Ready PC

Oculus社は推奨する要件を満たした構成のPCに対し認証を与え、

Oculus Ready PCとして販売することを認めている。

マイコンに詳しくないがOculusRiftを始めたいがどのマイコンを買っていいかわからない、

また、対応するUSBポートが足りない!とか処理が落ちて酔う!とかがないように防衛線を張っている。

 

 

DellASUSなどのメーカーが1100ドル未満(12万円未満)から販売しているが

なかなか軽ノリで「欲しいものリスト」に入れれるポチれる金額ではない。

 

 

HTC社Viveの推奨スペック

f:id:golimuchu:20160516230150j:plain

(HTC社Viveの推奨スペック)

 

HTC社のViveの要件はわずかにOculus Ready PCを下回るため、

Oculus Ready PCを買えばほぼ問題ないようになっている。

 

よくよくみると、この推奨スペックも妙な構成である

素人目にもi 5シリーズのCPUや4GB以上のメモリとなるとそんなにハイスペックな仕様に見えない。

しかしGPUがなにやらいかつそうだ。

 

 

価格.comで調べてみた。

最安値で35,000~40,000円。こいつが犯人だ!

デスクトップでi5のメモリ4GBなんて12万円以上もしない。

全体の金額のおおよそ1/3を占めていることになる。 

 

しかしこのグラボ4万円を引いたとしても8万円。

i5のデスクトップにしては割高な印象。

ケチれるところをケチってシミュレーションしてみよう。

 

 

ぎりぎりで価格コムで最安値を選んでいくとこんな感じになった。

ケース 3,500円

マザーボード 13,000円

CPU 22,000円

グラボ 35,000円

メモリ 1,800円

電源 4,000円

HDD 4,000円

 

合計83,300円!

OSは流用するとこのくらいからVR体験を始められると判明!

115,000円のViveと合わせて198,300円となる。

 

んー。。。

実はRAMはDDR3の4GB一枚、ROMは7200rpmの80GB HDDという

NECみたいなパソコンが出来上がってしまったのだ。

マジで始めるだけのPCである。

 

BTOで探すと

BTOパソコン SR-ii5-6244C/GL|BTOパソコン通販 パソコンショップSEVENhttp://pc-seven.jp/spc/5104.html

 

あっさりと10万円で満足の逸品がみつかった。

f:id:golimuchu:20160517001456j:plain

 

さっきのNECにOS入れたら9万円なのでわずか1万の追い金でこのざまである。 

 

 

どこまで許容するか。

研究は続く。

VR研究!まずはVRを知ろう。

すっかりVRのことが気になってしまった私はVRについて調べてみることに。

 

ひとくちにVRといっても色々あるようだ。

調べていくとさらにややこしいことにARなるものやHMDなる用語もどんどん出てきた。

 この辺りはまた別の回に考察することにして今回はVRについて理解を深めたい。

 

 

今体感できるVR!

この一連の記事で、シダ植物で歯磨きしているような時代遅れの諸君は

どんな世界か足を踏み入れたくなったに違いない。

ここで今からVRを始めるにはどういったものがあるか調べてみよう。

 

 

 VRの火つけ役、Oculus社Rift

 クラウドファウンディングから生まれた、視野角110度を誇る昨今のブームの火付け役。

送料込みで約94,000円の本体に加え、対応するゲーミングPCに12万円以上かかる。

いち早く開発者キットを投入していた関係もありコンテンツは豊富で認知度や情報は多い。

Xboxコントローラー付属で移動や操作は主にこれで行う。

 

 

3D空間を歩ける!HTC社Vive

 Steamをバックに戦う同じく視野角110度のVRヘッドセット。

送料込みで約115,000円の本体に加え、対応するゲーミングPCに同じく12万円以上かかる。

机の上にちょんと置いた一つのセンサーしか提供されていないRiftに比べ、

部屋の対角に2つのセンサーを取り付けることで最大5mx5mほどの歩いたり飛んだりできる。

 

 

スマホをセットしお手軽VR体験!VRゴーグル

これには かなりの種類があり一般的に言い切れないが、

1万円ほどの中古スマホと1000円ほどの段ボール製のVRゴーグルがあれば体感できる。

ディスプレイ、センサー類がすべてヘッドセットに入っているためケーブルがないことは大きなメリット。

Samsung社はoculus社の公認を得てGear VRというゴーグルを出している。

 

 

 

エンターテインメント界の王者!Play Station VR

秋以降の発売を見込んでいるSony社のPSVR。

PSVRの45,000円に加えてPS4本体の35,000円、さらにPlay Station Cameraという

ヘッドセットをトラッキングするセンサーに6,000円かかる。

PS同様、Sony社の審査を通ったかなりクオリティの高いコンテンツのみが流通することが予想され期待が持てる。

同人的なコンテンツやサブカル系コンテンツ、アダルトコンテンツは期待できないだろう。

 

 

 

 

 

これらの中でやはり特筆すべきはHTC社のViveだ!

f:id:golimuchu:20160515133727j:plain

HTC社Viveの優位点

最大のメリットは何といってもその2つのセンサーだろう。

部屋の隅にセンサーを取り付けその空間内を自由に動き回ることができる。

f:id:golimuchu:20160515134617p:plain

逆に言うとVive以外のVR機器はこれができない。

基本椅子に座った状態のまま周りを見渡すことになる。

モニターが拡張されたFPSのような感じに過ぎない。

 

そして自分が動いていないのに視界が動くことで「VR酔い」なるものをひき起こす。

 

これじゃあ意味がない。

 

 

 

さらにもう一つのアドバンテージとして両手で操作するViveコントローラーの存在がある。

ゲームパッドで操作するRiftに比べて格段に仮想空間に入り込める。

 

落ちているものを拾ったり、ドアを開けたり出来る。

その結果こんなことになる。

Unseen Diplomacy VR HTC Vive Playthrough

やべー。

 

二つのセンサーの特徴としてヘッドセットやコントローラーの死角がほぼできないのでこのようなゲームが可能となる。

RiftやPSVRは机上からの一つのセンサーなので真後ろをむいたりするとヘッドセットを見失い、

体の影に隠れるとコントローラーをロストしてしまう。

つまり360度の世界が広がっているのに体勢を制限されてしまうのである。

 

こうなるともはやHTC社Vive一択なのだ。

 

 

しかし

送料込みで約115,000円、PC本体価格12万円以上、nvidiaの新グラボ発表、

現状コンテンツ量、質を考えると時期尚早かとも思える。

センサー設置のため部屋のフリーなスペースで最低1.5m×2mを確保するのも今は簡単ではない(必須ではない)。

 

調べれば調べるほど興味が出てくる。

VRゴーグルとアジア人の薄い顔!

誰が言ったか2016年はVR元年。

 

バーチャルボーイで時代が止まっているもてラジ土民の諸君は刮目せよ。

 

 

 

前回は無事パイルダーオンが成功し、ほぼVRゴーグルっぽくなったものが完成したところで終えている。

続きを見ていこう。

 

 

 

 

 


f:id:golimuchu:20160511130401j:image

見えた!

今まで二重にぼやけていた画像が「視力の良くなるマジカル○○」みたいな感じでピタリと一致したのだ!

奇跡的に紙コップの高さ分とダンボールの高さ分がいい感じになりほぼ無調整で見える距離となっているようだった。

 

画像で感動をお見せできないのがVRの残念なところ。

「やったことのある人」にしか伝わらないが、

一番伝えたいのは「やったことのない人」。

 

もどかしい。

 

 

 

仮組みの状態ではあるがこの興奮は新たな時代の幕開けを予感させた。

しかしレンズが丸出しなのでコンテンツにのめり込み過ぎるとレンズにまぶたが当たったり、何よりも外の世界が見えてしまう。

 

あっちの世界に入り込みたいのに周りが見えてしまっては興ざめだ。

 

 

そのため額や鼻あてになる部分を作成。

f:id:golimuchu:20160508234953j:plain

 

レンズやスマホ装着部分とは分離することで微調整が効く。

実はこの構造が後々大きな効果を生み出すことになった。

 

コンテンツ内はレンズ越しに見れるが、メニュー画面等はゴーグルを外す必要があり結構面倒になる。

しかし額当てパーツが、レンズパーツと分離するため頭に固定した額当てパーツはそのままに普通にスマホをいじることが出来るのだ!。

 

 

合体!

f:id:golimuchu:20160508235507j:plain

 

 

 

感動。

 

もうただのVRゴーグル誕生の瞬間である。

 

これで画面以外の視界を遮断!

完全にあっちの世界に引きこもれるようになった!

 

 

あとは勢いに任せて両手フリーで扱えるようにバンドの部分をダンボールで作成!

 

 

どーん!

f:id:golimuchu:20160508234750j:plain

(隙間から入ってくる光がいやなので部屋を暗くして取ったため全体的に写真が暗い。)

 

ついに完成した。

これはどこからどう見てもVRゴーグルである。

 

 

ヘッドバンドの接合箇所にはマジックテープ(ベルクロ)を使い、

スマホの重さに負けないようにぎゅっと固定できるようになっている。

スマホを入れたパーツともマジックテープでの着脱が可能だ。

 

 

定番のジェットコースターの動画を再生して、しっかり玉ひゅんすることを確認し制作をクローズ段階とした。

 

 

 

作ってみて

図面やしっかりしたプランなしに作り始めると3時間くらいはかかった。

(見えるようになった途中段階でのOchin-chin Igiri休憩は含まれていません。)

 

正直体験するならCardboard買ったほうが楽に始められるし十分だと思う。

 

最初に覗いてみた感想だが180°視界全てが!と考えていただけに

思ったより狭い視界になんか覗き穴か何かで世界を通して見ている感じになる。

スマホの大きさや解像度にも左右されるのだが、正直体感で60°くらいしか視野がない。

 

Oculus RiftやHTC Viveは100°ほどの視野がある上に解像度も左右で最適化されている。

ますます興味が出てしまい20万円の捻出先を探してしまっている自分がいた。

 

今後コンテンツのレビューやVRに関しての「考え方」カテゴリを書いていきたい。

自作VRゴーグル準備編!!VRは金持ちの道楽ではない!

今年は誰が言ったかVR元年らしいのだ。

知らないと言っても年が明けてしまっているからにはいやがおうにもときは進む。

 

 

前回はVRの概要説明に留まったが、Cardboardや自作VRゴーグルの発見で

活路見出したところで終えている。

今回は自作の第一歩である準備段階を書いていきたい。

 

 

 

 

f:id:golimuchu:20160509220348j:plain

Cardboard

Google社のあの20%ルールから生まれたといわれているcardboard。

公式ページからわずか1000円ちょっとからでも紙製やプラスチック製の簡易VRゴーグルを購入することが出来る。

中には焦点や目の距離を調整できるものや、タッチパッドを搭載するものまで多彩にシリーズが拡大してきている。

 

シンプルな紙製の物に至っては図面をダウンロードし自作が推奨されているほどなのだ!

 

この図面をダウンロードし作ってしまうのはいともたやすいが、

シンプルゆえに調整の幅が少ないとの声も漏れ聞こえてきた。

 

 

少し悩んだがいっそのこと、

オリジナリティのあふれる両手を使わない完全に両手フリー

のゴーグルを作ることにした!

 

 

 

 

焦点の距離、目の幅、頭にどう固定するかなどいろいろあったがとりあえずトライ&エラーの精神で次のようなものを準備した。

 

 

 

準備するもの

 

とりあえず何よりも大事そうなレンズ。

これは失敗が許されない。

数々の猛者どもの経験より3倍拡大の100均のルーペの報告例よりそれを選んだ。

そのほかに微調整、固定用にマジックテープは欠かせないだろうと判断。

以下のようなものを準備した。

 

f:id:golimuchu:20160508234655j:plain

 

ここには写っていないが、段ボール、ちっちゃい紙コップとふわふわのスポンジの裏が粘着テープになっている「隙間テープ」も家にあったものを使用することに。

 

正直カッターとかセロハンテープが家にある方はレンズさえ購入すれば今からでもVRを体験できる!

 

 

 

本当にこのレンズを覗くだけでVRになるの?

あまりにも安直すぎる。

どう考えても眉唾物だ。

 

目の前の一式を見てそう思った。

 

まずは視野がどうであれレンズでのぞいてみよう。

 

そしてこのようなものを作成。

f:id:golimuchu:20160508234036j:plain

 

ルーペからレンズをぶち抜き紙コップにあてるとアラぴったんこ。

もうなんかVRっぽくなってきた。

 

それにyoutubeで「360」と検索し動画を再生させのぞいてみると。。。

 

 

 

 

 

ピントが合わない。

 

どうもしっくりこず、焦点がぼやけて二重に見えるというかただ近距離でスマホを眺めているおじさんになってしまった。

 

一杯食わされたか!?

 

持ち前の乱視のせいか!?

 

など勘ぐったが、とりあえず頭に描いた図面の通り、

目の距離や焦点距離スマホなどをがっちり固定した状態で試せるよう

制作を進めることに。

 

 

 

f:id:golimuchu:20160508234450j:plain

昔600円で買ったコンパクトな三脚の空き箱が手持ちの6インチスマホにぴったりだったことからその形をそのまま利用し、ベースを作った。

 

薄暗い部屋で土下座のような恰好になり、地べたに置いた箱に目の位置をマーキング。

紙コップ大に穴を切り抜いた。

 

右目で左の画像が見えてしまったことから仕切り板を間に入れられるように加工。

このあたりから期待でワクワクが止まらなかった。

 

 

 

 

 

そしてレンズと仕切り板をぱいるだーおん!!!!

f:id:golimuchu:20160508234348j:plain

 

 

 

それはもはやVRゴーグルの形をなしていた!!

 

 

 

次回!「VRゴーグルとアジア人の薄い顔!」こうご期待!

VR元年!自作VRゴーグルでマトリックスOI!

今年は誰が言ったかVR元年。

 

そもそもVRって何?VRゴーグルって?と思っている時代遅れ村民に説明しよう。

 

 

 

 

f:id:golimuchu:20160509000823j:plain

VR(virtual reality)

仮想現実と翻訳されるが近年見るVRにはFacebookが買収したOculus社のRiftや

ゲームプラットフォームのSteam勢であるHTC社のViveなど

ごっついメガネをかけ視野がモニターに覆われた状態で、

各種センサーによって振り向いてもそこに世界が広がっているかのように体験できるもののことを指すことが多い。

 

 

そう。

それは現実であれ作られた世界であれ一度かぶればその世界に入り込んでしまうことのできる夢の技術なのだ!

 

 

VRゴーグルとは

先述のRiftやViveに代表されるメガネ(ゴーグル)型の俗称のことである。

先日Sony社のPlay Station VRが発表されたことで一気にVRの波がメジャーシーンに躍り出ることになった。

 

 

 

今VRを体験するには

大きく分けて2つの方法がある。

一つは強力なマイコンで描画させたコンテンツを専用メガネを使い体験する方法。

これには10万円以上するマイコンと同じく10万円ほどするOculus RiftやHTC Viveを購入する必要がある。

 

もう一つは手持ちのスマホを近距離で見つめるという方法がある。

スマホは最近の物であれば傾き、加速度などのセンサーが入っているので

専用のゴーグルにセットするだけで体験することが出でき、

一つ目の方法に比べて格段にお手ごろだ。

 

 

 

マトリックスOIとは

これは完全に造語でMatrix Ochin-chin Igiriの略である。

Pornhubで360度のVR専用カテゴリが出来たと聞きつけ居ても立ってもいられなくなったのだ。

まさにその世界に入り込んで体験できるなんて夢のような話だ。

 

 

 

だがOchin-chin Igiriに20万円も出せない。

 

とりあえずお試しというには20万円は高すぎる。 

ここでよくよく調べてみるとgoogle社がCardboardという段ボール製の

簡易VRゴーグルを販売しているという情報をゲットし浮かれた。

 

次の瞬間現在の住所には色々あってGoogle社がサービスを展開出来ない故

購入できないことが判明し消沈することになった。

 

 

いじけながらネットの広大な仮想空間をサーフィンしていると

次々にVRゴーグルを自作しているつわもの達に出くわしたのだった。

 

 

 次回!自作VRゴーグル準備編!こうご期待!

 

自作PCとLinuxとマインクラフトと。

あ、ありのままこの2ヶ月間に起こったことを話すぜ。。。

 

 

 

まずは遡ること3ヶ月前、俺はAndroidアプリのマインクラフトを購入してしまったんだ。。。



今から考えればどうかしてたぜ。数年前から気にはなってたものの有料700円でアプリを購入するなんて。。。

 

 

 

もちろん500円から700円に値上げがあると知ったときにはポチる手前で踏みとどまり購入には至っていない。

あの時買っていれば、、、と後悔をしたものだ。



 

 

ときは流れ、気が付くと俺はすっかりマインクラフトにハマっていた。

中毒だったんだ。

 

この頃には金に糸目は付けなくなっていたんだ。

 

 

 

 

早速専用PCを組むべくスペックを調べて電気街でパーツを購入。

 

妥協点を探り、事務用ケースにAMD A-10、RAM8Ḡを詰め込みLinuxで手を打った。

1900人民元(38,000円)。

 

そのままの足でマインクラフトPC版購入。26.95ドル(3,000円)。

 

A-10LINUXじゃ最適に動かない(おそらくドライバ)ため、結局windows8.1日本から購入15,000円。

 

キーボードとマウス操作で手首がイカれそうになりゲームパッド購入、99元(2000円)。

 

総額約58,000円。



マインクラフトをやるためだけに58,000円を安いととるか高いととるか。。。



マイクラをやるために必要なPCスペック情報を探している人にはいい情報かも知れない。

1つずつはまた細かく書いていこうと思う。